メカニズムが関係している男性ホルモンが抜け毛に関係している理由は?

メカニズムが関係している男性ホルモンが抜け毛に関係している理由

抜け毛を増やす原因になると言われているのが男性ホルモンですが、厳密には男性ホルモンが変化したものが抜け毛を増やす原因になります。

 

ですのでいくら人気の育毛剤でも男性ホルモンのメカニズムでジヒドロテストステロンを生成させないような育毛剤を選んでいくことが大切です。そうすることで抜け毛が減っていきます。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因になると言われている抜け毛のメカニズムをしっかり把握し、正しいケア方法を実践しましょう。

 

男性ホルモンの一種テストステロンは、男性の体を作り出すために必要とされる大切なホルモンです。

 

テストステロンが頭皮の生え際や頭頂部の皮脂腺に多く分泌している還元酵素の5αリダクターゼの働きで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。

DHTが抜け毛を増やす原因になる物質

DHTが抜け毛を増やす原因

実はDHTが抜け毛を増やす原因になる物質で、余分な皮脂を分泌させたり、髪の成長に関わる毛根組織を攻撃して成長の邪魔をする作用をもたらします。

 

AGAの典型的な症状として生え際や頭頂部から薄毛が進行していくのは、5αリダクターゼが多く分泌させる皮脂腺が集中しているからです。

 

5αリダクターゼの分泌量の多さは遺伝すると言われているため、薄毛の体質が遺伝するとの説もあります。

▲メカニズムが関係している日記ブログ 上へ戻る
メカニズムが関係している日記ブログ 先頭へ戻る