5αリダクターゼが抜け毛を引き起こす

5αリダクターゼ

AGAの治療を行う際にはテストステロンの分泌量を抑えるのではなく、DHTの生成に関わる5αリダクターゼの働きを抑える効果がある医薬品を用います。

 

フィナステリド(プロペシア)は、5αリダクターゼの働きを抑える効果があると認められている医薬品です。

 

元は前立腺肥大症の治療として開発された薬で、医師の診察の結果で必要に応じて処方されます。医薬品以外にも5αリダクターゼの働きを抑える作用をもたらす成分が存在しています。

 

例えばノコギリヤシは海外で前立腺肥大症の治療にも活用されています。ミネラル成分の亜鉛も抑制効果が高いと言われている成分です。

 

AGAの症状ではなくても、ホルモンバランスが乱れて抜け毛が増える可能性もあります。

 

できるだけホルモンバランスを崩さないためにも普段の生活で注意したり、ストレスを溜め込まないようにして下さい。

 

ホルモンバランスを調整するために女性ホルモンと似た働きをもたらすイソフラボンが多く含まれる大豆製品を、積極的に摂るのも効果的です。ホルモンを整えてくれるので、産後に抜け毛が増える場合にも食事で摂取しておくと良い食品です。

 

男性にも更年期があるように男性ホルモンの分泌量が最適化するようにしっかりと生活環境など整えていきましょう。その後に育毛剤などを使用していくというのがやはり効果的です。

5αリダクターゼが抜け毛を引き起こす記事一覧

▲5αリダクターゼが抜け毛を引き起こす 上へ戻る
5αリダクターゼが抜け毛を引き起こす 先頭へ戻る