フケの主な原因と特徴は?

フケの主な原因と特徴

フケというのは、頭皮の角質が剥がれてしまっているか、皮脂の過剰分泌によって引き起こされます。

 

ですが、頭皮もターンオーバーによって古い角質が剥がれて新しい皮膚と入れ替わるので、ある程度の量であればフケが出るのは自然なことです。ただ毎日きちんとシャンプーをしているのにフケが目立つ、という場合は皮脂の分泌が過剰になることで起こる脂性のフケの可能性があります。

 

皮脂の分泌量が増えるのは、油分や糖分の過剰摂取や頭皮の乾燥、睡眠不足やストレスなどによる自律神経の乱れなどが原因となります。このように皮脂量が増えると、フケを作り出す中性脂肪やスクアレンという分泌物も増加してしまいます。

 

中性脂肪は酸素によって脂肪酸になりますし、スクアレンは紫外線に当たると過酸化脂質となってフケを作り出します。

 

脂性のフケというのは頭皮のベタつきの原因ともなりますが、同時に毛穴に詰まってしまって雑菌などの温床になります。

 

雑菌が繁殖すると炎症が引き起こされてしまい、これが毛根組織にダメージを与えます。

 

このダメージによって毛乳頭が栄養を取り込めなくなったり毛母細胞の分裂が低下したりして髪の毛の成長が阻害されるため、フケが出るようになると抜け毛が増えてしまうのです。

▲フケの主な原因と特徴は? 上へ戻る
フケの主な原因と特徴は? 先頭へ戻る