頭皮に負担がかかるシャンプーが良くない理由

頭皮に負担がかかるシャンプー

頭皮というのは、毎日分泌される皮脂や汗、ターンオーバーで剥がれ落ちる角質、大気中のホコリなどで汚れています。

 

これらの汚れをそのままにしておくと、毛穴に詰まってしまい、雑菌が繁殖して髪の毛の成長を阻害したり、頭皮に張り付いて柔軟性を奪って血行不良が引き起こされてしまいます。

 

成長が阻害されたり血行不良になると、髪の毛の成長サイクルが狂って、成長途中で抜けたり生えるはずの髪の毛が生えてこなくなってしまいます。

 

また、必要な酸素や栄養も不足するため、髪自体の健康も損なわれてしまいます。

 

このような状態にならないためにも、頭皮は清潔に保たなくてはいけません。

 

頭皮の汚れは頭皮ブラッシングなどである程度落とすことはできますが、皮脂や汗の汚れは粘着性が強く、それに角質やホコリが混ざってしまっている場合は、シャンプーの洗浄成分でなくては落とせません。

 

つまりシャンプーは髪の毛だけを洗うのではなく、頭皮を清潔にするためにも必須なのですね。

 

ただし、シャンプーの洗浄成分によっては、頭皮に負担をかけて環境を悪化させてしまうことになるので気をつけましょう。

 

海藻類はきしみ緩和や髪の艶を与えてくれますし、またミネラルが豊富に摂取できるので、頭皮に負担をよりかけたくない方は海藻エキスが配合されているシャンプーを選ぶとよいでしょう。

▲頭皮に負担がかかるシャンプーが良くない理由 上へ戻る
頭皮に負担がかかるシャンプーが良くない理由 先頭へ戻る