皮脂を取りすぎてはいけない理由

皮脂を取りすぎてはいけない

頭頂部から前頭部にかけて、強い痒みが出てくる場合もあり、頭皮が真っ赤に炎症を起こす脂漏性異皮膚炎になる可能性もあるのです。

 

このように薄毛や抜け毛が気になる方にとって、皮脂は大敵です。

 

効果的にヘアケアするには、皮脂を抑制するための育毛専用のシャンプーなどを使ってケアすることが大切です。

 

ただしここで気をつけたいのは、頭皮にとって悪いからと根こそぎ全て皮脂を取るようなことはしてはダメです。

 

全く頭皮から皮脂がなくなってしまうと、今度は頭皮の乾燥によって脱毛につながることもありますので、適度に皮脂のある頭皮が理想的です。

 

できるだけ刺激の強すぎるシャンプーは裂けて、低刺激のシャンプーを使って毎日正しい方法でシャンプーを行うことが大切です。

 

正しいシャンプー方法とは、頭皮に爪を立ててゴシゴシと洗わないことや、洗髪後にはしっかりと乾かす、などのことです。

 

また体質的に皮脂が分泌されやすい方であれば、脂っこい食事や刺激のある食べ物は控えたほうが良いでしょうし、男性ホルモンによっても皮脂腺が刺激されるので、効果的な育毛剤などでヘアケアするのもおすすめです。

▲皮脂を取りすぎてはいけない理由 上へ戻る
皮脂を取りすぎてはいけない理由 先頭へ戻る