石油系界面活性剤を含まないシャンプーで頭皮ケアしよう

石油系界面活性剤を含まないシャンプー

頭皮に負担となるのは、石油系合成界面活性剤を洗浄成分に使用しているシャンプーです。

 

石油系合成界面活性剤は非常に洗浄力が強いので、頭皮の汚れをくまなく落としてくれますが、同時に頭皮を守る皮脂まで落としてしまいます。

 

皮脂は頭皮を乾燥や刺激から守る役割をしているため、落としすぎてしまうと、刺激に弱くなったりうるおいを保持できなくなってしまうのです。

 

ですので、頭皮に負担をかけずに清潔に保つには、石油系合成界面活性剤を使っていないシャンプーを選びましょう。

 

表示成分にラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなどがある場合は、石油系合成界面活性剤を使っているので、こういったシャンプーは使わないようにするのが選び方のポイントです。

 

ただ他にも危険な成分はあるので、表示成分だけではわからない場合は、アミノ酸系シャンプー、石鹸系シャンプー、ノンシリコンシャンプーを選ぶようにするといいですね。

▲石油系界面活性剤を含まないシャンプーで頭皮ケアしよう 上へ戻る
石油系界面活性剤を含まないシャンプーで頭皮ケアしよう 先頭へ戻る