育毛剤が合わない場合には?

育毛剤が合わない場合

また、そもそも肌に合っていない場合には、いくら評判が良い育毛商品だとしても効果を期待することはできません。

 

育毛剤もシャンプーも安いものではないので、せっかく購入したのだからとりあえず使い切りたい、と思うかもしれませんが、かゆみや痛みが出ているのに使っていたら逆に抜け毛が増えてしまう可能性もあります。

 

ですので、このような兆候が現れたら使用は中止して、返金保証制度がある商品であれば、早急に返品をして返金してもらいましょう。

 

そして、男性型脱毛症の治療効果があるとして認められている成分の場合、低血圧や動悸が激しくなる、性欲が減退したり勃起不全になったりという兆候もあります。

 

これは副作用とも言える兆候ですから、使い続けると健康に害が出る恐れもあるので注意してください。

 

特に血管に疾病がある、高血圧や肥満など血栓が発症しやすいという方は、育毛剤の成分をしっかりチェックして使うようにしましょう。またエタノールなどの配合量が多い場合には頭皮が荒れやすく、長期間使用すると頭皮の状態が逆に悪化することもあります。

 

ですので、育毛剤を購入する際に選ぶポイントは、育毛成分も大事ですが、安全面を考慮してエタノールの配合量が少ない製品などを選ぶとよいでしょう。

 

医薬部外品で選ぶならこちらのショッピングなら育毛剤のランキング通販LABOで選んでみると良いかもしれません。

 

またシャンプーも同じように刺激が少ないシャンプーを選んでみてください。そのため育毛剤とシャンプーの組み合わせでは刺激が少ない製品を使うというのが安全面では一番大切なことでしょう。

▲育毛剤が合わない場合には? 上へ戻る
育毛剤が合わない場合には? 先頭へ戻る